Untitled

Untitled

花の色は多様である
子孫を残す為に、虫が見える世界、鳥が見える世界、さらには人間が見える世界に伴って
多様に変化の道をたどったからである。

この作品は花の外形を取り除き、色彩のみを抽出して並べ変えるような作業を行なった。
私たちの目に、花はより新鮮なものへと変化する。