森の展示室に参加しました。

2022年4月2日、3日

場所:わち山野草の森

.

.

.

天蓋山にアカマツが群生している。

左右に落ち込む尾根のような地形の遊歩道を、緩やかに歩くと頂上に辿り着く。

歩きながら足元を眺めると落葉した松葉が地面にパターンを作っていた。

歩道部分が削られてやや凹んでいるため、雨水が溜まり、風でかき混ぜられ、そこにある松葉の向きが自然に揃うようだ。

その姿と地形が制作の発端になった。

遊歩道の土を盛り上げて、そこに松葉を並べてみると隙間の表情が良い。

景色との少しの違和感を作ることで感じとることがでるような気配を作った。

それは私やあなたの隣人であり、静かに息をするものである。

material, japanese red pine, loblolly pine

Length, about 30m