“松葉のドローイング”

赤松の葉を整列させ、模様を立ち上げる。

模様は図面のように整然と思い描くけれども、でも実際には葉の一枚一枚に揺らぎあり、手書きの線のように見えます。

森を歩いていると視線の先に、枝や蜘蛛の巣に松葉の袴が引っ掛かりぶら下がっている姿を時おり見つけます。

それが形態の発想のきっかけになっています。

什器設計: Beatnik

size: W1430×D680×H60mm
material: red pine needle, acrylic